ほぼ副作用の心配がないのがボトックスの魅力【安心して受けられる】

小顔だけではありません

看護師

ボトックスは大多数の人にとって副作用もなく安心して簡単に美を手に入れことを可能にしてくれたものではありますが、薬剤である以上絶対に副作用がないという事はありません。心配な方は事前に医師に確認する事で副作用を防げます。

詳しく見る

小顔矯正の落とし穴

注射

小顔にするボトックス注射を受ける際には大手の信頼できるところを選び、適切に指導を受けていけるようにしましょう。ボトックスの副作用のほとんどは薬剤の注入しすぎが原因なので、患者としては術後の過ごし方などのほうに集中するとうまく矯正が進みます。

詳しく見る

注意点と重要なこと

注射

副作用に関する理解を深めることが、ボトックス治療における重要なポイントです。事前に行われるカウンセリングも大切な役割を担っています。安心して治療を受けるためにも、事前に知識を持ち、安心してストレスなく治療にのぞめるようにしましょう。

詳しく見る

正しく対処する

男性医師

ボトックスでの副作用は腫れ、痒み、痺れ等ですが、薬の効果が消えていけばその症状も基本的には消えます。実際に副作用がある際は自分で何とかしようとするのではなく、施術を受けた病院の方に診てもらうようにします。

詳しく見る

症状が重い時には注意

カウンセリング

ばれないようにする方法

ボトックス注射はほとんど副作用が起きないと言われており、安心して受けられる施術のひとつです。しかし、薬剤を使った治療なので、全く副作用が起こる可能性がないというわけでなく、軽度の症状がでることもあります。その時にはできる限り早く受診することが大切です。内出血などは数日でおさまっていくことが多いので、そこまで問題はありませんが、顔を動かしにくいという症状は数カ月続くこともあります。これはボトックスが筋肉の動くのを抑制する効果があることで起こる副作用ですが、シワをとるために使った薬剤が効き過ぎると、まぶたを閉じにくくなるという症状があらわれることがあります。薬剤の効果がなくなると同時にこういった症状もなくなっていきますが、それまでには数カ月かかります。その間に瞬きの回数が少なくなると目の乾燥が強くなり、目の病気にかかりやすくなる可能性もあります。多少の動かしにくさであれば、そこまで深刻な状態になることはありませんが、目の病気を発症してしまってからでは眼科的な治療も必要になります。そうなる前に、受診して診察を受けましょう。そこで問題がない程度だということがわかれば、そのまま過ごすこともできますし、必要があれば予防的な治療を行うこともあります。美容整形はメスを使うものであっても、使わないものであっても副作用が起こる可能性があります。しかし、注射だけの施術であるボトックスは副作用が起こる頻度が少なく、施術直後から元通りの生活が送れることで有名です。注射した部位を圧迫しないように気をつける必要はありますが、すぐに化粧をして帰宅することができるので、翌日からいつも通りの生活を贈ることができます。そのため誰にも知られずに美容整形を受けることができ、大変便利です。もしも顔を動かしにくいという副作用がでてしまった時には、表情がぎこちなくなってしまうので施術を受けたことを人に知られてしまう可能性もあります。顔の動きがいつもとは違い違和感がある程度であれば、ばれることはないでしょうが、目が閉じられなくなるほどの症状がでていると気付かれてしまうかもしれません。その際には目の調子が悪いということでサングラスなど目元を隠すことのできるものがあると、他の人にばれにくくなります。また顔の印象が変わったと言われた時にはメイクを変えたと返事をするなど、自分なりの返事の仕方を考えておくことも大切です。ボトックスを使った後に、焦らずに会話ができるよう、あらかじめ準備をしておきましょう。

Copyright© 2018 ほぼ副作用の心配がないのがボトックスの魅力【安心して受けられる】 All Rights Reserved.