ほぼ副作用の心配がないのがボトックスの魅力【安心して受けられる】

小顔だけではありません

看護師

簡単にできます

ボトックスを受けると決めた時に最初にしなければいけないこととして、美容外科で選びです。世の中には星の数ほどの美容外科がありますが、それぞれサービスが違いますし、それぞれの美容外科で施術料を決める自由診療であるところがほとんどなので、同じボトックスを受けて同じ効果があったとしても施術料金はそれぞれ違います。施術料金が高いから安心して受けることが出来るかと言えばそうではないので、施術料金だけで美容外科を決めるのはやめましょう。ボトックスを受ける時の流れとしては、事前予約をして診察日時を決めます。当日は医師か看護師によるカウンセリングから始まり、カウンセリング後にカウンセリングに基づいて医師の診察があり、ボトックスを受けることとなります。施術時間は、範囲によって変わりますが、狭い範囲だけなら10分もあれば終わってしまいます。その後はすぐにメイクをすることも可能です。副作用がほとんどないといわれているボトックスですが、実際には副作用が出たとの報告がされているケースもあります。副作用について気になる方で持病のある方は主治医に、持病は無いけれど気になるという方はカウンセリング時にしっかりと相談する事で防げるものです。ボトックスは副作用がほぼないといわれているとはいえ薬剤を注射で体内に注入する事となりますので、まれにその時の体調や体質によって副作用が出る場合があります。重篤なものになることはほぼないのですが、まぶたの腫れや内出血や頭痛など起こすこともありますが、時間の経過とともによくなるもので当日中には腫れや頭痛などはなくなります。内出血に関してはしばらく残りますが、これも時間の経過とともに薄くなり消えますがコンシーラーやメイクでカバーできるくらいのものがほとんどです。予約をしたからと言って体調がおもわしく無い時に無理に受けることのないようにすることでこれらの副作用が出てしまう事を防げます。妊娠中・授乳中の方はその期間が済んでから受けることをお勧めですし、発達段階である未成年が受ける事はやめておきましょう。アレルギー体質の方も注意が必要です。ボトックスでアレルギー発作が起きる場合もありますし、アナフィラキシーを起こすこともあるかもしれません。カウンセリング時に自分のアレルギーの申告はもちろんするべきなのですが、アレルギーでかかりつけ医がある場合は事前にボトックスを受けることについて相談する事で安心して受けることが出来ます。

Copyright© 2018 ほぼ副作用の心配がないのがボトックスの魅力【安心して受けられる】 All Rights Reserved.